楽しみにしていた、子どもクッキング

春休みは、うちの4歳偏食さんの、新学期のお弁当の彩りを少しでも増やすべく
子どもとクッキングしよう!ってずっと思ってまして、
勝手に盛り上がってましたヾ(´ω`=´ω`)ノ

材料をそろえたかったけどお店になくて、
あるものだけ、今できそうなものだけ、やってみます!

よろしければ、偏食お子様がおられる方、ご一緒に~

□■□■□■□■□
※私の思う「ラクうま子どもクッキング」とは、
一般に言われているような「食育」とたぶん違って
「子どもの嫌いなものをできるだけ排除した」ものです。

野菜少なめ、
苦手意識の強い子どもの先入観を減らし、
おいしく完食できるもの
を、目指してます!
□■□■□■□■□

さてそんな勝手に盛り上がるクッキング、今日はまさにお弁当に使えそうなものから。テレビでいつかチラっと見かけたおかず。
材料は、ベーコン、うずら卵、パプリカ、マヨネーズ。
4個分です。

自分でやってもらいましょー!


IMG_4090

パプリカはごくわずか、ひとかけだけ使用しました。
このひとかけを、野菜嫌いさんは超絶みじん切り!
味がわからなくなるまで刻んでますー( ´∀`)

※包丁はヘンケルスの切れ味が悪くなったものを使っています。
セラミック包丁など、用意できるのであればそっちの方が良いかと思いますー


20180404

ベーコンを耐熱おかずカップの高さに合わせて切る。
サイズによっては切る必要ない場合もありますね。
カップにクルンと巻いて入れてセット!


201804042

うずら卵を割り入れる。
なんとここが最難関でした。
うずら卵って、通常の卵とは違って子どもには割りにくい。
指がどうしても入って、黄身
がつぶれてしまうので、
端のカラを少し破いて卵が落ちるのを待つという・・・


201804043

刻んだパプリカ、マヨネーズをしぼり、トースターでベーコンの端がちょっと焦げるくらいトーストします。
お皿が汚くてすみません~これでも洗っているんですが、家事えもんみたいに丁寧にできません(*´ェ`*)

完成!!


201804044

・・耐熱カップじゃなかったようです。皆さまはお気を付け下さい。

うずらに火が通っていたらOKです。
このまま冷凍、解凍も大丈夫でした!
大人が食べても十分美味しかったです。お酒のつまみになりそう

感想
パプリカも、ベーコンとマヨネーズの風味で全く気にならなく、おかわりして食べていました。

もう一品。

201804045

下ごしらえは私が。
めんつゆ、みりん、塩でさっとゆでたにんじんを、型抜きしてもらいました。

201804046

大きいものはミッキーちゃんで抜き、小さ目のものはミニハートで抜いてもらいました。
こちらもこのまま冷凍、解凍がOKです。
お弁当の彩りの代表格ですよね!

感想
咀嚼が苦手な娘、柔らかく、ダシの味がするにんじんは大丈夫だったようです。自分で型抜きしたし
調子に乗ってたくさん出すと嫌われそうなので小出しにしていきます。


次回はミートソースなどをお送りします
今日も、ありがとうございます!


クリック下さると、朝ごはんとアイシングクッキー教室のジャンルランキングが上がります!
にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ
にほんブログ村読み終わられたらポチっと押して下さると嬉しいです!ランキングが上がります☆

人気ブログランキングバナーをポチっと押して下さると励みになります!
インスタではワークショップの情報などいち早くお知らせしています。他色々投稿しています♪
Instagram